家と庭

IKEAの家具を利用したロフト用階段の自作

家を建てた際に付いていたロフトの昇降は梯子なのですが、たまに落ちかけて求めてもいないスリルを味わう事になるので、安全に昇降するため階段に変更しようと思い色々考えて自作することにしました。


ロフトへの昇降は梯子で無いと駄目だと思い込んでいましたが、色々調べてみると幸いにも自分の住んでいる地域はロフトは梯子である必要が無く、固定階段でも問題無い地域でして、当初はキャスター付きの移動出来る階段を作るつもりでしたが、固定式としました。(下部をキャスターにすれば移動式になるので必要な方は付ければ法令違反にはらないと思います。)

IKEAに行った際、毎回気になっていた「TROFAST」と言う家具がありますのでこれを利用。

見るからに階段やろこれは・・と思う家具があったのでそれを利用して階段を作成することにしました。あくまで家具で強度的に乗れるようなものでは無い(もちろん自己責任です)ので、補強前提で3つ購入して今回は利用しました。自分の選んだのは合板の安いほうですので強度ももの足りなく、できればあと1000円ぐらい高い本物の木のほうが良かったと思います。(色が白かったので選んでしまいましたが思ったより強度が無く、高いほうを買って白く塗ればよかったと後の祭り)予算としては家具が1つ約8千円3つで2万4千円、さらにOSB合板を6枚で1万円ぐらい。ネジや金具など入れても4万円ぐらいで出来ます。ちなみに似たような階段家具は20万円以上するので、自作出来るならコスパは最強です。法的に可動式しかダメな区域はストッパー付きのハンマーキャスターを底面に付ければよいかと思います。

とりあえず、現物合わせで高さを計り合板を切断、補強金具や木工ボンドなどを使いつつ、木ネジで組みながら高さを合わせていきます。

足の踏み場になる部分にはがっつり角材を入れて横と上から全周固定しておきます。

強度は現状ですと90kgの自分が30Kgの荷物を持って上がってもまだ大丈夫そうですので耐荷重120Kgはあると思います。

 

8畳の部屋では結局横幅的に家具3個分の長さは収まり切らず、「TROFAST」を2段ー3段ー2段の形に切断して使用することになりました。

ついでに、エアコンがすごく邪魔だったので移設をしました。

手すりなども再考して壁側に付けて最終的にしたの写真で完成形ですが、梯子より安心して昇降出来ます。

PCなんかも下に収まったりしましたので、部屋がすっきりしました。

以上

-家と庭

© 2022 DIY道