家電と機械

家庭内無線LAN環境の速度アップと接続改善

我が家の無線LAN環境では、毎月のように家族から苦情が上がります。「遅いー!」「つながらないー!」といった苦情はいい加減うっとおしくなって来たので、本気で環境改善に取り組むことにしました。

当初の環境

我が家のネット環境は2012年ぐらいからEO光(k-opti.com)の1ギガを使用してきました。改善前の環境としては、自分の部屋(2階の北西)に光の引き込みと変換器があり、そこにwifiルーターを設置しています。もともとのルーターは下記 BUFFALO製のもので、スペックは悪くないと思いますし1万円以内とコスパは良かったですし、自分としては有線で接続でしたので、何にも不満はなかったのですが・・(笑) 合わせて、 Wi-Fi レンジエクステンダー TPlink製のRE200も使用してましたが、それでも距離のある Wi-Fi (特に IEEE802.11ac )は安定しなかったようです。大体 自分のルーターと子供部屋の距離が直線で15m、壁を2枚隔てているのできつかったのかも知れません。

光1Gで当初の通信速度は下記のような感じ

有線ではpingが遅めですが、十分な下り速度です。(特に上りは500もいらない)

 

有線と比べると 1/10以下の速度ですね・・・・・これでも調子の一番良い時の状態です。 

何とかしたいので、Wi-Fiについて久しぶりに情報を見ていると理論値はすごく早そうな IEEE802.11ax なる通信規格が出てるではありませんか。(下記表で見たら11acでも十分早いのですがね、我が家ではさんざんな結果・・・)

導入したもの

これは、11ax規格対応のルーターを買うしかないかなと思い、しかもいちばん通信の文句を言っていた妻が買い替えたi-phone11はWi-Fi6( 11ax)規格 に対応しているもよう・・・私のスマホは2万円以下のandroidですから関係ないですがね。ということで選んだのが下記です。

Wi-Fiルーター Archer AX6000と子供のPCに増設する AX3000

加えて EO光 キャンペーンで光5ギガ回線が1年ぐらい500円アップで使えるので5ギガ光回線に変更しました。あと有線ケーブルはCAT8(速度20ギガまで対応らしく一生使えそうな)ケーブルに変更しました。

子供のPCには水冷タンクとかポンプをスロットのところに設置していたのを忘れていましたが、何とかAX3000を差すことが出来ました。水冷タンクとグラボの間にある赤い短いボードです。アンテナは2本のツノのようでロボットの頭っぽい感じです。昔ハマったロボゲー アーマードコアを思い出す・・・

改善結果の考察

光回線の変更工事(1G→5G)を含め、とりあえず色々準備ができたので、通信速度測定です。

上が有線LANの速度で、下がWi-Fi PCの速度結果です。 有線PC(自分のPC)は1G有線LANがついていますのでほぼ、MAX値が出ていると思われます。pingは6倍早くなり、もともと不満はなかったのですが、上り、下りともPC側の制限値の1ギガに近く良い感じです。子供部屋の位置で無線LANも以前の6倍程度の速度が出ており、つながらない、遅いと言った文句は出なくなりました。十分じゃないかな・・と自分では思います。また自分の有線PCはさらに高速なLANアダプター(1万弱で買える)を装着すればルーターの限界理論値で2.5ギガになりますので、今よりいくらか早くなるのでしょうが、これ以上当分必要なさそうな事とさすがに出費がかさみましたので、そのうち余裕ができればやりたいと思います。                     以上

-家電と機械
-, , , , , , , ,

© 2022 DIY道