動植物

立ち上げ1週間後の水槽

前回25年ぶりに水槽を立ち上げて5日間24時間光を照射し続けた結果、さすがCO2と光合成をしまくって水草は順調に育ちました・・・が余計なものもいっぱい育ちました(笑) とにかく一番心配していたオリーブの根っこを入れても生体系には影響なく使えそうです。

白カビとアオミドロです。白カビは新規水槽立ち上げ時に養分が出るものでバクテリアが十分でないと思われます。(今回は木の根っこを中心に養分が出ている)別に問題はないのですが、気持ち悪いです。過去経験上そのうちバクテリアが機能すると消えると思ってますので放置。こいつを食ったり体に伝染して魚が死んだとかは今までありませんでした。アオミドロについては光合成しまくってどんどん育ちますので、当たり前といえば当たり前。ただ不思議に思うのですが、どこからやって来たのか・・ウイローモスに紛れていたんでしょうか。アオミドロの成長は強烈ですのでこのまま光を当て続けていると魚が泳ぐスペースがなくなりそうですので、5日目に光とCO2の添加は10時間にしてそろそろ生体を入れていくことにしました。ついでにソイルから養分もたくさん出て水の入れ替えも半分ほどしておきました。

pHメーターで計測6.5で問題なさそうですので、とりあえず近所のホームセンターで売っていたネオンテトラを8匹投入しました。その後1日様子を見ましたが、問題なさそうですので次に、掃除屋のエビ(赤、青、黄)5匹づつとブラックモーリー4匹を投入して様子を見る事にしました。ついでにアオミドロは食べきるには多すぎると思いましたので、ピンセットである程度除去しました。投入後、せっせと掃除をしてくれていますのでまた様子を見ます。

おわり

-動植物
-, , , , , , , ,

© 2022 DIY道